わき脱毛でわきがが治る?わき脱毛とわきが・汗の関係について

わきの臭い・汗の量でお悩みの方は、多いですよね。しかし、「私は、わきがです」と悩んでクリニックに来る方のほとんどは、わきが症ではありませんでした。汗をかけば誰だって臭いは気になるものです。では、わきがとは何なのでしょう?そして、わき脱毛をされる方からの質問でよくある、わき脱毛とわきが・汗の関係についてお話ししていきます。

 

わきがとはなに?

みなさんのお悩みの一つであるわきの臭い。わきがとは一体何なのでしょう?
わきの汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺という2種類の汗腺があります。アポクリン腺は、ホルモンに関係する汗腺であり、エクリン腺は運動等の発汗時に汗を発する汗腺です。ここで、わきがに関係するのは、アポクリン腺です。アポクリン腺からでる汗はもともと無臭です。しかし、アポクリン腺からの汗は粘調で毛穴を通して分泌されるため皮脂が混じり細菌により酸化され、さらにアンモニアが加わることで異臭を放つといわれています。このアポクリン腺の数が多い事やアポクリン腺からの汗の過剰分泌がわきがの原因となっています。一方、エクリン腺から分泌される汗は、サラサラで無臭です。

 

わきがとは何なのかという事は、お分かりになったと思います。次は、わきがのちょっとした豆知識をお話しますね。

 

わきがとフェロモン

わきがの原因となっている、アポクリン腺からの汗はフェロモンと関係しているといわれています。このため、思春期以降に発症し、中年以降に症状が軽減していきます。わきがではなくても、思春期真っ盛りの男子が独特なにおいがするのは、これと大いに関係がありそうですよね。

 

わきがと遺伝子

わきがは遺伝子と関係があるといわれています。欧米では、ほとんどの方がわきが遺伝子を持っているため、体臭は生理学的現象だという認識で重要視されていません。このため英文での研究報告もかなり少ないです。確かに欧米ではパフュームが発達し、体臭は香りで隠すのが一般的ですよね。研究が進んでいるのは、日本を含むアジア圏であり、わきが遺伝子を持っている人が少ない分問題視されています。この遺伝子は優性遺伝子なので、両親のどちらかがこの遺伝子をもっているとかなりの確率で遺伝子ます。
わきがと耳垢に関係があるのはご存知でしょうか?日本人の85%位は耳垢が乾いています。残り15%位の人は、耳垢が湿っているいわゆる「ネコ耳」「ジル耳」です。アポクリン腺からの分泌が多いわきがの人は、同じく外耳道のアポクリン腺からの分泌が多いので、耳垢が湿っています。わきがの人ほとんどが耳垢が湿っており、耳垢が湿っている人の80%位がわきがだといわれています。

 

わきがの診断

わきがの診断でいちばん簡単なのは、「両親のどちらかがわきがであり、耳垢が湿っている事。」この二つがそろえば、ほぼ間違いなくわきがといえます。これで、診断がつかない場合は、ティッシュをわきに挟んでもらい、医師がそのティッシュについたわきの臭いを確認する方法が取られます。当人としては、ちょっと恥ずかしいですが、実際におこなわれている方法です。

 

多汗症

多汗症は、体温調整に必要な範囲を超えて、発汗が異常に増加する症状です。手・足・わきの下、顔などに日常範囲に支障が出るほどの発汗があります。この症状は、全身にあるエクリン腺と関係しており、エクリン腺からの過剰分泌が原因です。緊張すると手が汗ばむ、冷や汗が出るなどと同じ作用機序であり自利神経が大いに関係しています。わきがとは違いエクリン腺の数とは関係がないようです。そして、わきがの人の60%位が多汗症を合併しているといわれています。

 

ここまでは、わきが・多汗症についての基礎知識をご説明しました。ここからは、本題の脱毛との関係をお話していきます。

 

わきの臭いを軽減したい!

わきがは、アポクリン腺からの汗が、細菌などにより酸化し、アンモニアが加わることで異臭を放つ事は先ほどの説明でわかったと思います。では、アポクリン腺からの汗の中で細菌が繁殖しないような環境にしてみたらどうでしょうか?それは汗をためない環境です。毛穴に汗が貯まらない状態にする事です!毛が生えていると、そこにアポクリン腺からの汗がネバネバとまとわりついた状態になり、そこで細菌繁殖します!ここで活躍するのが脱毛です。軽症のわきがもしくは、わきがではないけど臭いが気になる方は、脱毛することにより症状が軽減します。

 

わきが治療と脱毛

脱毛クリニックでは、わきが治療として脱毛をおこなっている所が多いです。わきがの原因となっているアポクリン腺は、毛穴に沿って存在しているため、医療レーザー脱毛で数回脱毛照射し、毛穴ごとアポクリン腺を破壊してしまう方法です。ここで、注意が必要なのは、手術が適応になるような重度のわきがには効果がない事と多汗症には効果がない事です。また、サロンでの光脱毛では熱力が弱いため全く効果がありません。信頼する医師にまずは相談する必要があります。

 

多汗症を治したい!

多汗症でお悩みの方は、以外に多いのが事実です。脱毛クリニックにこうしたお悩みで相談に来る人も多かったです。多汗症は、主に手・足・わきの下、顔から異常なほど汗が出る症状で、汗じみに悩む人が多く深刻な悩みとなっています。多汗症は、前にも述べたとおり自律神経の問題が大きく治療が難しい症状です。しかし、部分的な治療ではボトックスが大変有効ですよ。

 

多汗症と脱毛

残念ながら、多汗症には脱毛は有効ではありません。自律神経の問題なので、毛はあまり関係ないのです。
それどころか、わき脱毛をしたら汗が多くなったと訴える方が多いのも事実です。現に私もそうでした。さらさらとした汗で、においはないのですが夏は何もしていなくてもタラーっと汗が出てくるようになってしまいました。これは、毛穴の毛がなくなったことで汗が出やすくなってしまうためです。しかし、2〜3年すると毛穴が閉まり元に戻るのでご安心ください。私も数年後には、もとに戻りすっかり忘れていたぐらいです。

 

つぎは、せっかくなのでわきがを日常生活の見直しで軽減させる方法をお伝えしておきますね。

 

わきがの日常生活の注意点

  • 食事は、動物性たんぱく質はなるべく控え、和食中心の食事にする。
  • 自律神経が乱れると、汗が増えて臭いも増します。日頃からストレスをためないようにし、リッラクスを心がけましょう。
  • 煙草の臭いが混じると、周囲の不快感が増します。禁煙を心がけ、たばこの煙がくる所は避けましょう。
  • 服の素材に注意しましょう。ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、アクリル等の化学繊維の服は、臭いをきつくします。これは、風通しがよく臭いが拡散してしまうからかもしれません。逆に、コットン等の天然素材の方が臭いを抑える事ができます。

ここまで、わきがと多汗症についての基礎知識・注意点や脱毛との関係についてお話してきましたが参考になったでしょうか。わきがと多汗症はけして生命の危機に陥るような病気ではありませんが、当人にとっては深刻な問題で、日常生活に支障が出る場合も大いにあります。試しに脱毛してみるのもよし、他の治療方法を考えるのも良いと思います。しかし、きちんと信頼できる医師に相談して的確なアドバイスをもらってくださいね。後悔せずに、良い結果にたどり着けるように。そして、少しでも症状が良くなるように、日常生活の注意点もぜひ参考にして見てくださいね!