わき脱毛の効果が実感できるまでの期間と回数

はじめての脇脱毛ならミュゼがおすすめ!

脇脱毛といえばミュゼですよね!ミュゼの脇脱毛は・・・
「店舗数No.1」「どの店舗でも自由に通える!」「痛くない!」

両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース【WEB予約限定】100円(税込)!

春になり薄着になる頃、わき毛が気になり始めわき脱毛を考える人が増える季節です。でも、「本当に春に始めればいいのでしょうか?」「わき脱毛に行く前、わき毛の処理はどうすればいいのでしょうか?伸ばす?剃る?抜く?」「夏に気にせずにわきを出すにはいつから始めればいい?」「どのくらいの間隔で通えばいいの?期間は?」など挙げたらきりがないほど疑問と不安が湧いて出てきます。ここでは、少しでも不安を解消し、安心してわき脱毛に踏み出せる様、わき脱毛の豆知識をお伝えします。

永久脱毛とは?

まずは、「永久脱毛とはどういうことか」を説明していきます。

 

永久脱毛は、毛根部分を破壊し毛が再生できない状態にすることを意味します。皆がおこないたいと思う永久脱毛ですが、実はこれは医療行為であり、エステサロンで永久脱毛をおこなう事は医師法違反になります。このため、エステサロンの脱毛器では、永久脱毛をうたう事はできず、効果が弱いのは仕方がない事なのです。

 

脱毛の種類と原理

 

次は、脱毛の種類について簡単に説明していきます。

 

現在、クリニック・エステサロンでおこなわれている脱毛は、主に3種類あります。医療レーザー脱毛(クリニック)、光脱毛(エステサロン)、電気脱毛(エステサロン)です。

 

【医療レーザー脱毛と光脱毛】

医療レーザー脱毛と光脱毛は、熱力の強さは違いますが原理はほぼ同じと考えて良いものです。これらは、熱の力をメラニン色素などに集めて、毛根を破壊していくものです。皮膚表面に毛が残っているとその部分に熱が集中して、毛根まで熱が届かないので永久脱毛の効果を全く発揮する事ができません。この為、皮膚表面の毛はきれいに剃る必要があります。さらに、毛を抜いてしまうと毛根部分がないため、これまた脱毛効果はありません。脱毛前日夜か当日朝にきれいに剃るようにしましょう。(クリニックやエステサロンによっては、剃り忘れがあった時に剃毛代を別途徴収するところもありますので要注意です。)

 

【電気脱毛】

電気脱毛とは、毛根に針を刺し電気を流し毛根を破壊することで永久脱毛する方法です。1本1本の施術なので、時間がかかり、かなりの痛みを伴うので、初めてわき脱毛する方には不向きです。医療レーザー脱毛や光脱毛後の数本残った毛に有効な脱毛方法です。この方法では、1針1針毛根に針を刺すので、毛が生えてないと毛根の位置の確認ができません。このため、毛を生やしている状態で施術する必要があります。

 

ここで、脱毛前の毛の処理方法がわかりましたね。医療レーザー脱毛と光脱毛の場合は、1ヶ月くらい毛抜きは禁止ですが、直前までカミソリでの処理は可能なので安心です。それとは逆に、電気脱毛の場合は毛を生やさなければならないので、夏の施術はちょっと厳しいですね。

 

ここからは、脱毛の主流になっている、医療レーザー脱毛と光脱毛にしぼってお話を勧めていきたいと思います。

 

毛周期のお話

わき脱毛に数回の施術が必要なのにはやはり理由があり、脱毛の効果を語る上で毛周期の話は欠かせません。ここでは、毛周期についてお話していきます。

 

毛はすべて同じように生えているように見えますが、「成長期」、「退行期」、「休止期」を繰り返しています。私たちの目に見えているのは、この中の「成長期」、「退行期」だけで、毛のうちの30〜40%しかありません。ほとんどの毛は眠ってしまっています。しかも、この中で脱毛器に反応するのは、メラニン色素が多く含んでいる「成長期」だけなのです。このため、一回の施術で効果が出るのは、毛の中のほんのわずかだという事がわかります。

 

この「休止期」の毛が「成長期」に移行するのにわきで1〜2カ月といわれているため、このくらいの期間をあけて数回施術が必要になってきます。

 

わき脱毛に回数が必要な理由が少しわかってきたと思います。

 

 

わき脱毛後の反応

わき脱毛後、一体わきはどのような状態になるのか知りたいところだと思います。脱毛後、反応した毛は皮膚の中に黒くボツボツと残るのが一般的です。(レーザーの場合、反応した毛が勢いよく飛び出てくることもあります。)黒くボツボツと残った毛は、普通に毛が生えるように皮膚表面に出てきて1〜2週間でスルッと抜け落ちます。この間、少し見た目が悪いので、気になる方は毛抜きで抜いてしまっても大丈夫です。ただし、無理に抜くのはトラブルのもとです。そして、少し引っ張った時に抵抗がある毛は、きちんと反応していないので無理に抜かず次回の施術のためにそのままにしておいてください。

 

ここで、思い出してほしいのが、「毛周期」のお話です。黒くボツボツと結構たくさん残ると思いますが、残念ながらそのすべてがきちんと反応したわけではない事を覚えておいてください。1〜2週間でスルッと抜け落ちた後、一時的にきれいになったのもつかの間、1か月後くらいにはまたわき毛が生えてきてしまいます。

 

では一体いつになったら効果が出るの?

では、一体いつになったら、効果が目に見え喜びを味わえるのでしょうか?医療レーザー脱毛を例にとると、実は1回でも「薄くなった」「毛が細くなった」と効果を感じる方はいます。平均的には2〜3回でそのような効果を感じ、5〜6回でつるつる肌を実感できる場合が多いです。しかし、どうしても「休止期」にあった毛が数カ月後に数本生えてきてしまう事はありますので、気になるようだったらその時に脱毛に行けば問題ありません。先ほども申し上げましたが、これは医療レーザー脱毛の場合です。サロンでの光脱毛でも同じ回数をうたっているサロンも多いですが、「永久脱毛とは?」でお話したとおり、光脱毛は医療レーザー脱毛よりも効果が弱いのでもっと回数がかかると思ってください。

 

平均的な回数で効果を実感するための注意点

平均的な回数で効果を実感できるためには大切な注意点があります。ここで、「毛周期のお話」を思い出してください。「休止期」の毛が「成長期」に移行するのにわきで1〜2カ月といわれているので、この位の期間で定期的に施術する必要があります。毛周期に合わせるか否かで、結果がかなり変わりますので注意が必要です。私の経験上、1か月位の間隔で施術した方が効果が高いように感じました。しかし、多くのクリニック、エステサロンではフリーパスを導入しているため、3カ月間隔をあけるような決まりがある所もあります。現状で1か月間隔の施術はかなり難しいかもしれません。クリニックやエステサロンを選ぶときは、施術間隔に関する規定についても調べておく事をお勧めします。

 

脱毛にかかる期間はどの位?

今までのお話をトータルして、平均的な施術間隔を2カ月として計算すると、4〜6カ月で「薄くなった」「毛が細くなった」と効果を感じ、10カ月〜1年でツルツル肌を実感できる場合が多いです。(光脱毛の場合は、もう少し時間がかかると考えてくださいね。)約1年かけて脱毛するイメージで良いと思います。

 

ここまでの、お話で「不安」「疑問」はいくらか解消されたでしょうか?わき脱毛の場合、日焼けも関係ないので、嬉しい事に基本的にオールシーズン脱毛が可能です。しかし、脱毛初期は黒くボツボツ残ったり、直後は皮膚が赤くなることもあるので、気になる方は脱毛スタート時期を秋以降に設定する事をお勧めします。(施術後、数日〜1〜2週間の辛抱なので、あまり気にしない方はいつでもOKですよ。)1年は定期的に通って、ぜひツルツルお肌を手に入れてくださいね!

 

脱毛回数をできるだけ減らすために

ここまでで、大体の脱毛にかかる回数はわかったと思います。ここでは、できるだけ、脱毛回数を減らすためのポイントをまとめていきます。

医療レーザー脱毛を選択する。

光脱毛より効果の高い医療レーザー脱毛を選択しましょう。

毛周期を必ず守る。

どんなに忙しくても、毛周期を守るか守らないかで結果にかなりの差が出るので優先して脱毛に行きましょう。

施術間隔のなるべく短いクリニックを選ぶ。

利益のみを追求している所は、施術間隔を長く設定している可能性があります。良心的な施術間隔で施術してくれる所を探しましょう。

脱毛1か月前は毛抜きは使用しない。

毛を抜いてしまっては、効果が全く出ませんので注意しましょう。

脱毛直前に、きれいに剃毛をする。

毛が皮膚表面に残っていると、表面の毛に熱が吸収されてしまい毛根まで熱が届かないので注意しましょう。

毛量が少なくなった時は剃毛せずに行き、確実に照射してもらえるようスタッフにアピールする。

最後の仕上げ時期は、生えている毛に確実に照射してもらう事がポイントとなります。

 

今回は、「脱毛回数をできるだけ減らすために」6個のポイントをご紹介しました。このポイントをおさえることで、脱毛の効果がかなり変わってくるはずです。「忙しい」「時間がない」を理由に、脱毛になかなか踏み出せない方も、こちらを参考にぜひ一歩を踏み出してみてください。そして、クリニックをお探しの際は、自分が通いやすい場所・時間などご自分のライフスタイルに合う所を条件に探してみてくださいね。1年後には、わきのお手入れする時間が省け夏でも楽しく過ごす事ができるようになりますよ!