脱毛の種類・方法や特徴について

下記をクリックすると記事に移動します。
最初から読みたい人は目次を飛ばして下さい。

 

自宅でできる脱毛方法について

脱毛の種類・方法や特徴について

毛抜き

私も、以前はこの方法でしのいでいましたが、1本1本抜くのは大変で時間もかかります。しかも、痛みもともない、毛穴に雑菌が入り毛膿炎や、埋没毛になってしまうリスクがあり、後々面倒です。

カミソリ

この方法も定番中の定番ですね。しかし、毛根まで処理できないので黒くボツボツ残こり、すぐ生えてしまうため良い方法とは言えません。しかも、皮膚表面まで一緒に削ってしまうため、かぶれを起こす原因ともなります。

.除毛クリーム

除毛クリームを簡単に言うと、皮膚にアルカリ性の薬剤を塗布し毛を溶かす方法です。薬局で手軽に購入でき、広範囲を一気にできるため若い人には人気があります。しかし、薬剤を塗布するため、かぶれや炎症を起こすリスクがあります。私も、実際使用した時は、かぶれまではしなかったものの、ヒリヒリし皮膚が少し赤くなりました。皮膚が強い私でもこうなので、皮膚が弱い人が使用するのを考えると怖いですね。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは、粘調度の高いワックスを皮膚に塗布して乾燥させ、毛も一緒にはがすとういものです。毛を一気に抜くので痛みを伴うのも特徴です。又、ワックスを皮膚に塗布するため、かぶれや炎症を起こすリスクがあります。そして、毛抜きと同様に埋没毛のリスクもあります。

家庭用脱毛器

家庭用の電気脱毛器、フラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器、サーミコン式脱毛器など様々なものが出ています。電気脱毛器、フラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器に関してはこれから説明する、エステやクリニックで使用しているものよりかなり効果が弱い物と考えていただければよいと思います。サーミコン式脱毛器は、熱線で表面に出ている毛を焼いていくというもので、高機能のカミソリと思っていただければいいと思います。熱線が皮膚に触れてしまうと熱くやけどのリスクはありますが、カミソリを使うより使用感は良いです。

ここまでは、家庭でできる脱毛についてご紹介しました。

 

次は、エステやクリニックでの脱毛方法をご紹介します。

 

エステやクリニックでの脱毛方法について

電気脱毛

電気脱毛とは、いわゆる針脱毛のことです。毛根に針を刺し電気を流し毛根を破壊することで永久脱毛することができる、歴史の古い脱毛方法です。1本1本確実に施術することができるため、脱毛効果は高いといえます。しかし、最大のデメリットは、かなりの痛みを伴い時間がかかることです。私が、クリニックに勤めていたころ、電気脱毛の痛みに耐えられなくて、脱毛が中途半端になってしまったと駆け込んでくる人が多かったのが現状です。そのような方たちは、レーザー脱毛の早さと痛みの少なさに驚いていました。
しかしながら、光脱毛やレーザー脱毛では施術しにくい、細かい部分(目の周囲、眉等)、白髪、色素沈着の強い部分の施術。又、光脱毛やレーザー脱毛後に残ってしまった数本の毛に対して行うには適している方法です。

光脱毛

光脱毛は、エステで主流となっている脱毛方法です。痛みも少なく、安く、比較的安全におこなえる方法です。美白、美肌効果があるのもメリットの一つです。しかし、方法を一歩間違えるとやけどのリスクがあり、効果が出にくい場合もある方法です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療機関でのみおこなえる脱毛方法です。医師の管理下の元、主に看護師が施術をする場合が多い方法です。この為、効果・安全性が高く、万が一のトラブルの時も、医師が対応してくれるので安心です。しかし、その分費用が高いのがデメリットです。

ここまで、家庭、エステ、クリニックでできる脱毛方法について、簡単に説明しました。これを読んでいくと、お金と時間、足を運ぶ労力があれば、レーザー脱毛がいいのはよくわかります。でも、皆さんそうはなかなかいきませんよね。そこで、よくわかりづらい、光脱毛とレーザー脱毛についてもう少し詳しくお話ししていきたいと思います。

 

光脱毛とレーザー脱毛の違いって何?

光脱毛とレーザー脱毛を受けたことのある方ならお分かりだと思いますが、どちらも照射時にとても眩しいので、目を保護する必要があります。同じようなものと思われがちですが、この光とレーザーには大きな違いがあるのです。まずはこの違いからご説明します。

 

 

これは、話し出すと難しい話になってしまうため、ここでは、わかりやすい特徴だけお伝えする事とします。
光は、「電磁波」の1種で、波長という基準があります。レーザーは幅の狭い波長であり、光は幅の広い波長でできています。

 

レーザーは、強度の強い単色光であり、指向性があります。この為、光は広がる事なくまっすぐ伸びます。逆に、光は波長が広いため広がる性質があります。例えば、部屋の真ん中に光をつけると部屋全体が明るくなりますが、レーザーをつけても1点しか明るくなりません。

 

具体的に医療用のレーザー脱毛機器と光脱毛器の違いは?

医療用のレーザーの場合、それぞれの波長の特徴を生かし黒色、赤色、水分等に反応するレーザーを使用しています。医療脱毛機器の多くはは、黒色に反応する波長を使用し、毛根を破壊していくという原理です。その他、赤色に反応するものは、赤あざ等の血管治療に使われるなどしています。
光脱毛機器はと言いますと、波長の幅が広く様々なものに反応するため、同じ出力でおこなっても、実際の脱毛効果が弱くなってしまします。

 

ここまで、レーザー脱毛と光脱毛について説明してきましたが、それぞれに種類がありますのでそれについてご説明します。

 

光脱毛の種類について

IPL脱毛

インテルス・パルス・ライトと呼ばれる光エネルギーを利用した脱毛です。黒色に反応し毛根にダメージを与え脱毛を促す方法で、日本で初めて使用された光脱毛です。この光エネルギーはシミの治療にも使用し、レーザー脱毛器と同じ原理を利用しますが光なので効果が劣ります。この為、白髪や日焼けをした肌、色素沈着が強い人にはむきません。

S.C脱毛

スムース・スキン・コントロールと呼ばれている方法です。光に反応する特殊なジェルを塗布し、ジェルと光の化学反応で毛の発育を抑制する効果があります。又、美肌効果があるジェルを採用しているサロンが多いようです。IPL脱毛やレーザー脱毛のように色に反応させるわけではありませんが、光を使用するため日焼けをした肌、色素沈着が強い人は効果が落ちるようです。

 

レーザー脱毛の種類の種類について

ダイオードレーザー

現在よく使用されているレーザーです。このレーザーは、産毛にも対応するので二の腕や顔などにおすすめであると同時に、黒色に反応するものの周囲のメラニンに反応しづらい為、地黒の人や男性のひげ脱毛によく使用されているのも特徴です。
照射面が四角なので隙間なく照射が可能です。又、肌との接着面が冷たく冷却装置になっているため、冷やしながら施術できますが、ヘッドが重く扱いにくい為、皮膚とヘッドを密着させて照射するには技術が必要になります。きちんと密着していないとやけどのリスクがあります。
実際は効果を出すのにかなり密に照射が必要なので、他のレーザー機器より時間がかかるため痛みも伴います。広範囲の照射にはあまりおすすめしません。

アレキサンドライトレーザー

古くから日本で導入されていたレーザーで歴史があるレーザーです。従来のものより改良されており、最新のものはクーリングシステム装備され、照射スピードも速くなっています。毛の質により出力以外にも変える設定があるため、幅広く使えます。スピードも速いため、広範囲の施術にも向いています。しかし、照射面が丸いためどうしてもうちもれが出てしまうのも特徴です。

ロングパルスヤグレーザー

主に、レーザーフェイシャルや血管治療に使われているレーザーです。水分や赤色に反応する波長を利用しているため、メラニン色素には反応しません。この為、地黒の人や男性のひげ脱毛によく使用されています。

 

ここまでは、光脱毛器、レーザー脱毛器の種類について代表的のものを説明いたしました。
エステサロンでは、どちらか1種類のレーザーを使用しており、クリニックでは、複数のレーザーをクライアントの肌、皮膚の状態で使い分けている場合が多いようです。

 

では、実際にどのようなメリット、デメリットが出てくるのか比べてみましょう。

 

光脱毛のメリット

費用が安い

これが最大のメリットになります。とくに脇だけなど箇所によっては1000円以下の場合もあります。

.痛みが少ない

効果が弱い分、痛みが少なくて済みます。

美白・美肌効果がある

光治療機は、出力は違いますがクリニックでも美白・美肌用に使用している為、お肌には良いです。

 

光脱毛のデメリット

効果が弱いため、回数がかかる。

回数がかかっても痛くないほうがいいという方にはいいかもしれません。しかし、満足するまで何回でも施術可能なコースの場合、何度施術してもお金にならないため、接客が粗末になってくる場合もあります。又、期間限定フリーパスでは、期間が終わっても毛が残ってしまい追加料金が発生する場合もある為、注意が必要です。

施術者は、医療者ではない。

もちろん、エスティシャンでも優れた方はいるでしょう。しかし、すべてのエスティシャンがそうとは限りませんし、人体の事、病気の事を専門的に勉強したわけではありません。その人の健康状態、皮膚状態を観察し、きちんとした判断ができない事は、最大のトラブルの原因になります。

皮膚トラブルがある場合は、施術できない。

アトピー性皮膚炎や極度の色素沈着がある場合はトラブルを避けるためやめたほうがいいでしょう。

万が一のトラブル時の対応が心配。

脱毛にやけど、毛嚢炎、ジェルや剃毛時の刺激による肌荒れはつきものです。その時は、サロンでは対応不可能なので自分で皮膚科に受診しなければなりません。

勧誘の心配がある。

価格が安い分、1〜2か所では採算が取れないため、たくさんの箇所のコースを勧められる場合が多いです。しかし、中には勧誘はしないとうたっているところもあるので、そういうところを選ぶのも一つの手段だと思います。

 

レーザー脱毛のメリット

ある程度の効果が期待できるため、回数が少なく済む。
皮膚トラブルがあっても医師に相談しながら施術できる。

医師の診察があるため、アトピー性皮膚炎や極度の色素沈着がある場合も施術できる。

持病がある場合、薬内服中も医師に相談しながら施術できる。

日光アレルギーがある方や病気や内服する薬によっては、光過敏症を発症する場合もあるので注意が必要です。

多汗症や腋臭についても相談、治療できる。

どうせなら、脇の悩みはすべて解決したいですよね。

美白・美肌効果がある。

 

レーザー脱毛のデメリット

費用が高い。

効果と安全性からどうしても費用が高くなってしまいます。

敷居が高く行くのに勇気がいる

費用が高い分、敷居が高いように感じますが、実際行ってみるとスタッフの感じもよくセレブ気分を味わえるところが多いようですよ。

光脱毛より痛みを伴う。

効果が高い分、当然痛みも強くはなります。しかし、冷却装置などで痛みに対する対策はおこなっており我慢できないということはありません。輪ゴムでバチッとはじかれる感じです。

万が一のトラブルのリスクがある。

脱毛にやけど、毛膿炎、ジェルや剃毛時の刺激による肌荒れはつきものなので、いかにそれを回避し、対応するかが問題になってきます。医師の診察でトラブルを回避し、トラブル時は医師の診察・処方等でトラブルに早急に対応できるので、その点は安心です。

ここまでは、光脱毛、レーザー脱毛のメリット、デメリットについて説明してきました。
次は、クリニックで、脱毛時にどのような治療が一緒に行われているのか、詳しくお話していきます。

 

クリニックでの、脱毛時の治療の実際


薬を処方できるのは、医師だけです。クリニックでは、薬の処方も行いより効果的な治療をおこなっているところが多いです。

美白剤(ハイドロキノン等)

今や化粧品にも配合されている有名な美白成分です。これを、化粧品には配合できないような高濃度で配合し、処方しているクリニックも多いです。

ステロイドクリーム、軟膏

脱毛後は、熱により皮膚に軽い炎症が起こります。このため、炎症が治まるまで毎日薬を塗布します。ステロイドの使用を極度に敬遠する方もいますが、一時的に使用する分には副作用はありません。むしろ、薬を使用せずに炎症が長引くと色素沈着のリスクがでてきます。

塩化アルミニウムローション

アルミニウムの粒子が汗腺にふたをするため、制汗効果があります。このため、多汗症、腋臭症の人に有効です。

また、クリニックでは病状に合わせた効果的な治療も可能です。

 

 

極度の色素沈着

色素沈着があると、メラニンに過剰に反応してしまい、やけどのリスクがあります。又、レーザーのエネルギーがメラニンにとられてしまい、毛根破壊に使われるエネルギーが少なく効果が弱くなります。しかし、脇の場合は、やけどになりにくいため低めの出力からでしたら施術が可能です。レーザー脱毛器は美白効果がある為、脱毛を繰り返すたびに色素沈着が薄くなっていきます。この時に、ハイドロキノンのような美白剤を併用すると、より早く美白効果を出すことができます。
人よりは回数がかかるかもしれませんが、結果的には毛もなくなり、美白効果で肌がきれいになり大変喜ばれる方が多いです。

アトピー性皮膚炎、湿疹

炎症があるときは、残念ながら施術はできません。まずは、炎症がなくなるように治療し、炎症が落ち着いてからの脱毛になります。アトピー性皮膚炎や炎症後のお肌は色素沈着になっていることが多いため、上記と同じ治療計画になります。又、その都度、医師の診察や看護師の判断が重要になります。

多汗症

強い出力での施術で軽減する方もいるようですが、残念ながらあまり効果がないのが実態です。多汗症でお悩みの方には、脇へのボトックス注射がおすすめです。(ボットクスとは、ボツリヌス菌の毒素の神経への作用を利用することで、発汗を抑える効果があります)その他には、塩化アルミニウムローションを利用するといったお手軽な方法もあります。

腋臭症

腋臭症の原因は、アポクリン腺からの脂肪を含んだ汗が汗腺内や皮膚表面の細菌によって酸化することによって不快なにおいになるといわれています。もちろん、腋臭の程度によって、効果も変わります。自分は腋臭症だと思っている方の多くは本当の腋臭症ではない方が多いのです。こういう方は、特に脱毛により毛がなくなることで、皮膚が清潔に保てるようになり、においが気にならなくなる方が多いです。

 

脱毛で効果が得られなかった場合は、手術など別の方法を検討する必要があります。その他には、塩化アルミニウムローションを利用するといったお手軽な方法もあります。

埋没毛

埋没毛とは、剃毛、除毛時に肌が傷つき皮膚の治癒過程で、毛孔が塞がってしまい、成長した毛が皮膚表面から出てくることができない状況です。IPL脱毛・レーザー脱毛では、埋没毛でも反応するため、繰り返し施術していくうちにきれいになっていきます。しかし、S.S.C脱毛の場合、ジェルが毛根まで浸透しませんので効果は期待できません。脱毛後でも効果が得られない部分があった場合、クリニックでは、他のレーザー等で切開して治療することも可能です。

 

ここまでは、さまざまなお悩みを抱えた方が、どのように脱毛現場で治療されているのか、ほんの一例ですが代表的なものをお伝えしました。これは、言うまでもなくエステティックサロンでは対応不可能であり。間違った施術をすることで、トラブルを招きかねません。お悩みがある方は、クリニックで医師、看護師に相談するのが安心です。

 

そして、あってはならない事ですが、万が一のトラブルはやはりあります。
次は、万が一のトラブルにはどのようなものがあるのか。そして、トラブル時の対処方法をお伝えします。

 

光脱毛、レーザー脱毛時の万が一のトラブルってどのようなもの?

発赤とひりひり感

光脱毛・レーザー脱毛後は、肌が赤くなりひりひりするのは軽いやけど状態ですが、軽度であればステロイドクリームの使用ですぐ治りますので問題にはなりません。しかし、エステサロンでは、ステロイドクリーム等の薬剤は処方してもらえないので注意が必要です。

 

又、かゆみが強い場合は、掻くと毛嚢炎の原因となりますので、薬の塗布の徹底とクーリングにて様子を見ましょう。

炎症性浮腫

光脱毛・レーザー脱毛後の発赤とともに、部分的なむくみ・腫れが生じることがありますが、特にレーザー脱毛後はよくあることなので、心配しなくて大丈夫です。薬を指示通り塗布すれば数時間〜数日で消失します。さらにクーリングを併用すると早く消失します。

やけど

一番の心配はやけどです。なぜなら、脱毛機器はどれも、熱反応を利用して毛根を破壊していくため、この心配はつきものです。これを防ぐために、脱毛機器には冷却装置が完備されているものが多いです。また、施術終了後に、クーリングで対応してくれることもあります。

 

もし、やけどになってしまった時の対応方法は、やはり医師の診察のもと適切な処置が必要になってきます。発赤・水疱・潰瘍等状況によって処置方法が変わる為、自己判断は禁物です。また、やけど後には、色素沈着・ケロイドなど跡が残るケースもあります。このような事態を最小限にするためにも、信頼できる医師の診察が重要です。クリニックでしたら、早期対処ができ、皮膚がきれいになるまで責任をもって見てくれるため安心ですね。

皮膚のかぶれ

光脱毛・レーザー脱毛直前に、剃刀で剃毛する必要があります。このため、かみそりまけで赤くなる人がいます。又、ジェルなどの基材を塗布することも多いため、それによりかぶれることがあります。しかし、今ジェルにはアレルギーフリーのものも多く、かぶれる人はまれのようです。

 

かみそりまけをする人は、剃毛用のクリームを使用したり、電気シェーバーを使用する等工夫することで、回避することができます。

毛膿炎

光脱毛・レーザー脱毛後、毛の周囲が軽いやけど状態になったときに、掻いたりして傷が付きそこから細菌が入ると毛膿炎が発生します。もし、発生しても抗生剤と抗炎症剤の内服で治癒しますので、クリニックですと安心ですね。

このように、万が一のトラブルはありえます。トラブル時にきちんと対応してくれるかどうかが、エステサロン、クリニックを選ぶ際重要なのがよくわかると思います。
しかし、トラブル時はエステティシャンだけでは、きちんとした対応ができるとは思いません。やはり医師の診察が重要です。
しかし、エステサロンでも提携している医師がいるとか皮膚科を紹介しているなどの対応がきちんとできているところであれば安心だと思います。

 

最後に、少し法律に触れてみたいと思います。

 

脱毛に関する法律


平成13年11月8日付で厚生労働省より脱毛と医師法に関する発表がありました。内容を一部抜粋すると

 

脱毛行為等に関する医師法違反の適用

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又その他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
簡単に言うと、医師又は医師の監督下以外で、医療用ではない脱毛機器であっても毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊するような強い出力で施術するのは法律違反ということです。つまり、エステサロンで医療用レーザー脱毛と同じような効果があっては法律違反なのです。この為、エステサロンでは出力は弱く効果を出すのにかなり回数を要することとなります。エステサロンを選ぶ場合はこの辺を理解した上で選択する必要があります。

 

わき脱毛サロン&クリニックのおすすめランキング!【2016年最新版】はこちら