わき脱毛で黒ずみが治るって本当?わきの黒ずみの原因と解消法

わきの黒ずみがあると夏が憂鬱になりますね。露出する服や水着を着るのも気にしてしまい夏を楽しめません。昔はみんなきれいだったはずなのに、なぜ黒ずんでしまったのでしょう。ここでは、黒ずみの原因から探り、予防方法や解消方法をお話していきます。

 

わきの黒ずみの原因

黒ずみの原因は人それぞれですが、何らかの原因で皮膚が炎症を起こしその後に色素沈着になって黒ずみとして残ってしまいます。予防には、この炎症を起こさない事が必須となります。炎症の原因としてまず考えられるのが、間違ったわき毛の自己処理方法によるものが多いです。具体的にいうと毛抜き・カミソリ・除毛クリーム・脱毛ワックス・家庭用脱毛器によるものです。安易におこなったわき毛の自己処理で後悔し、脱毛クリニックに相談しに来る人も実際にいました。その他には、敏感肌で汗や衣類の摩擦によってかぶれ黒ずんでしまう人、アトピーでの炎症後の黒ずみなど様々な原因が考えられます。

 

わきの黒ずみの予防法

わきの黒ずみを予防するには、肌に炎症を起こさせないのが一番です。そのためには、まずわき毛の自己処理は極力避ける事です。今は大丈夫でも何年も続けるうちに、肌の負担になり徐々に黒ずんでいくこともあります。安易な自己処理はせず、エステサロンやクリニックで適切な脱毛を受けることをお勧めします。そうすることで、わきの黒ずみのリスクを解消できます。敏感肌やアトピーの方は、特に注意が必要です。日常生活でも、黒ずみのリスクが潜んでいるのに、そこに自己処理という刺激を与えてしまうのは自爆行為です。クリニックで医師の診察のもとに適切な脱毛を受ける。そして、脱毛ができる状態ではない場合は、治療をきちんと受けてくださいね。

 

わきの黒ずみの原因と予防法はわかりましたね。では次は、もうすでにわきが黒ずんでしまっている人の場合どう対処すべきなのかをお話していきます。

 

わきの黒ずみどうすればいい?

わきの黒ずみの対処法は、ズバリ2つです。

美白剤を地道に塗る

ここで、美白剤とはその辺の化粧品では行けません。美容クリニックに行き、高濃度のハイドロキノンとビタミンCが含まれたものでなくてはなりません。顔のシミですとこれらを塗ってもなかなかスッキリきれいになりませんが、黒ずみには効果てきめんなので絶対お勧めです。

脱毛をする

クリニックでのレーザー医療脱毛、エステでの光脱毛のほとんどが黒いメラニンに反応して毛根を破壊する脱毛器です。クリニックでは、この脱毛器と同じ原理を利用してシミの治療をします。メラニンに熱を集中させる事によりメラニンが破壊し、徐々に浮き上がって薄いかさぶたのようになりシミがとれるという原理です。実際脱毛のレーザーや光をほくろやシミにあてると同じ反応が起こり、ほくろやシミが薄くなるという事があります。黒ずみも同じで、脱毛の回数を重ねるとレーザーや光の反応で薄くなっていくことが多いです。

ここで注意点!!

黒ずみがあるとメラニン部分に熱エネルギーが集中してしまい火傷のリスクが多いので注意が必要です。通常黒ずみがある場合は、出力を弱くして施術するか、もしくはできない場合もあります。この判断を誤ってしまうと火傷になります。このため、黒ずみが気になる場合は必ず、医師の診察を受けられるクリニックでの医療レーザー脱毛を選択する事をお勧めします。

 

黒ずみのある方へのクリニックでの医療レーザー脱毛の実際

ここでは、実際にクリニックでおこなっていたわきに黒ずみがある方への脱毛方法についてお話していきます。

 

黒ずみの程度・毛量・毛質の確認

先ほどもお話しましたが、黒ずみのもとであるメラニンと毛根にあるメラニンにレーザーの熱が吸収されるので、両方のメラニン量を考えレーザーの強さを判断しなければなりません。肌が白くて毛量が少なければ、高出力で施術できます。逆に、肌が黒くて毛が太く量が多ければ出力は低めでの設定になります。
これを誤ると、火傷の原因もしくは効果があまり出ないという結果になりますので、判断は重要です。

美白剤の使用をどうするか

肌が黒くても出力を低くしてレーザー照射する事はある程度可能です。しかし、レーザーが皮膚のメラニンに反応・吸収されてしまい、毛根までいくレーザー量が極端に少なくなってしまう場合があります。そうした場合、せっかくのレーザー照射が無駄になってしまいます。そこで、初めの1か月は美白剤だけ使用し、1か月後から照射開始する事もあります。そこは、医師との相談になります。一刻も早く脱毛したいしたい人には、レーザー照射開始と同時に、美白剤も開始する等その方のニーズと肌の状態を考慮して選択していました。

 

このレーザーの出力と美白剤の方向性が決まれば、後は通常のわき脱毛と同じです。

 

信頼のおける医師のもとであれば、脱毛と同時にわきの黒ずみの悩みも解消できるという事がおわかりになったでしょうか。ぜひ、信頼できる医師・クリニックを見つけてわきのコンプレックスを解消し、夏を思う存分楽しんでくださいね。